MacのFinderで戻る/進むをジェスチャーで操作する設定


今回はMacのFinderをジェスチャーで操作するための設定方法をご紹介したいと思います。Macってトラックパッドのジェスチャーで操作できる事がほとんどなのですが、Finderの戻る/進むはデフォルトの設定だとクリックするしかないです。

例えば、Safariだったら、二本指を左右にスライドするだけでページの移動が出来ます。そんな感覚でFinderを操作できたらいいですよね。それでは、スライドでディレクトリの移動をするための設定を説明していきますね。

ジェスチャーの設定をする

gesture-on-finder

まず、左上のアップルマークをクリックして、システム環境設定を開きましょう。

gesture-on-finder0

そして、トラックパッドというアイコンをクリックしましょう。

gesture-on-finder2

赤枠の設定を確認してください。ページ間をスワイプは、2本指で左右にスクロール。フルスクリーンアプリケーション間をスワイプは、3本指で左右にスワイプという設定になっていると思います。以下の画像のように設定を変更してください。

gesture-on-finder3

ページ間をスワイプが2本指または3本指でスワイプになりました。フルスクリーンアプリケーション間をスワイプは、4本指で左右にスワイプになりました。これで設定は完了となります。

Finderで移動できる状態の時、3本指で左右にスワイプする事で、ディレクトリの移動が出来る事を確認できると思います。2本指だと、Finderの左右にスワイプでの移動は出来ませんが、縦スクロールは出来ます。

ちなみにSafariは2本指と3本指のどちらにも対応していますが、紙が捲れるようなエフェクトを見られるのは、2本指だけです。3本指の場合は、エフェクト無しでのページ移動になります。

フルスクリーン時の画面移動が3本指から4本指に変わりますので、最初は慣れないと思います。でも、Finderの操作が楽チンになりますので、変更してみる価値はあると思いますよ。

以上です。

ちなみにコマンドでもFinderの操作が可能です。

ジェスチャー以外にも、キーボードのショートカットで移動する事が出来ます。

進む

Command + ] (Commandを押しながら、]を押す)

戻る

Command + [ (Commandを押しながら、[を押す)


コメントを残す