[最新版] MacにComposerをインストールする方法


筆者が使っているMacのOSは、「OX X EI Capitan」のバージョン10.11.6です。

今回、ネットの情報を参考にしながら、ComposerをMacbook Airにインストールしようとしたのですが、Permission deniedというエラーが発生し、インストールに失敗しました。自分の場合、最新のMacbook Airを使っているのですが、ネットの情報が古くなっていたようです。

なので、僕がインストールした手順をご紹介したいと思います。すべてターミナルで作業を行いますので、記載しているコマンドを順番に打ってください。

ディレクトリの所有者を変更する

このコマンドは、/usr/localの所有者を現在ログインしているアカウントに変更します。自分が所有者になる事によって、そのディレクトリにファイルを保存するなどの操作が出来ます。

Composerをダウンロードする

このコマンドは、現在のディレクトリにComposerをダウンロードします。

Composerを移動させる

このコマンドは、現在のディレクトリにあるcomposer.pharを/user/local/binに移動するものです。更にcomposer.pharからcomposerにリネームされます。

環境パスの設定

このコマンドを打つと環境パスの設定ファイルを編集できます。環境パスを通すことでComposerをコマンドで利用する事が出来ますので、環境パスを通す事をおすすめします。

すでに何か記載されているかと思いますが、その下に上記の内容を追加してください。そして、追加が終わった場合、保存して終了してください。

環境パスの設定を反映する

上記のコマンドを打つと、環境パスの設定が反映されますので、composerコマンドが利用できる状態になりました。


2 Replies to “[最新版] MacにComposerをインストールする方法”

  1. 同じくMacでComposerのインストールを試みているのですが、mv composer.phar /usr/local/bin/composerのところで「そんなディレクトリはない」と言われます。確かに「/usr/local/bin/」というディレクトリはありません。MacのバージョンはSierraです。お忙しいところ恐縮ですが、お手隙の際にもご回答いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

    1. ご訪問ありがとうございます。「ディレクトリの所有者を変更する」という項目は実行されましたでしょうか?そこで問題が起きていない場合、/usr/localまでのディレクトリは存在していることがわかりますので、「mkdir /usr/local/bin」というコマンドで、/usr/localにbinというディレクトリを追加します。その後、「Composerを移動させる」という作業をやり直してみてください。また、必ずしも/usr/local/binに保存する必要は無く、環境パスさえ通せば、どこに置いていてもコマンドとして利用できます。

コメントを残す