アンティーク好きにニキシー管時計がおすすめ!


皆さん、ニキシー管時計って知ってますか。デジタルと言えば、デジタルだけど、デジタルの中でもアナログっぽい時計と言えばいいのでしょうか。とても中途半端だけど、良い雰囲気が出てるんですよ。アンティークというよりは、ビンテージなのかな。

数字を表示している部品がニキシー管と呼ばれるものなのですが、1956年(昭和31年)に登場したものらしいです。主に電卓のような計算機のために使用されていた部品らしいですよ。

ニキシー管時計というものがありますが、元々は時計のために作られた部品じゃなかったんですね。自分は昔の時計に使われていたのかと勘違いしていました。今思うと、昔からTHE時計って感じのがあるみたいですしね。

ニキシー管時計は高い

ちょっと温かみの感じられるようなルックスがたまらないニキシー管時計ですが、意外と高額商品なんです。通販サイトとかで販売されてるのを見たんですけど、3万円とか4万円でした。

まず、値段が高い理由は、ニキシー管がもはや製造されていない?などの理由で、かなりの貴重品になってきているからだそうです。

ニキシー管は壊れるスピードが早いらしい

あの光っている部分の寿命がとても短いらしいです。ネットの情報を見ていると、2年で壊れてしまうと書かれてしまいました。

それでも欲しい方は・・

ニキシー管時計(曜日表示機能付き) IN-8-2

新品価格
¥42,120から
(2016/10/18 17:48時点)

期間限定10%OFF Mat Black IN-16 nixie tube clock ニキシー時計

新品価格
¥29,800から
(2016/10/18 17:48時点)

IN-14 ニキシー管時計 nixie clock

新品価格
¥25,800から
(2016/10/18 17:48時点)

ニキシー管時計(曜日表示機能付き) IN-14 自作キット

新品価格
¥29,700から
(2016/10/18 17:48時点)

Amazonで色んな種類のニキシー管時計が販売されていたという事に驚きです。もうちょっと安かったら欲しかったかなぁ。飾り程度に。


コメントを残す